サザンピーチΣ
サザンピーチΣ  あの南田操の新作小説をはじめ、新鋭精鋭の小説やエッセイ 
<富澤南桃堂(とみさわなんとうどう)発のWebマガジン>
『無理して カンゲキ!〜オッサンのエンタメ・フィールドワーク〜』 サルバトーレ・F・ザキヤマ
#1 無理して、はじめます。
映画館で映画を無理して沢山観ること。
お芝居をできるだけ沢山見に行くこと。
気がつくと、いい歳である。
いい歳が何歳かは別にして、これは続けている。

例えば、映画の日には、5本観る。
例えば、昼公演、夜公演と、芝居のハシゴ。とかである。
これは、かなり無理をしないとできないことである。
好きだから、やっている。
そんな中で出会ったエンタメを無理してまとめてみようと思う。

さて、この間、下北沢で、観劇ダブルヘッダーを敢行した。
マチネ、ソワレで別の芝居をはしごするわけだが、その合間に一杯やってしまった。
マチネの芝居が、かなり面白かったので、盛り上がったのだ。
気が置けない友人と、観劇することは、かなり楽しい行事である。
一緒になって観終わった芝居の感想をしゃべりながら、お酒をかたむける。
至福の時である。

さて問題はソワレだった。
これが面白くない。というわけで、眠ってしまう。
うつら、うつらしながらも、頑張って芝居は身続ける。友人も眠った。
終演後、その芝居の全体像を二人で振り返るが、
二人ともちゃんと見てないので、なかなか一筋縄では思い出せない。
眠ってしまったタイミングが違うので、ストーリーはジグソーパズルなのである。

眠るほど面白くない芝居が、俄然輝いてくるのだ。
見逃したシーンを、眠気マナコで見たシーンとつなぎ合わせて、
新しい発見と解釈が生まれるのだ。
後で一緒に語れる相手がいれば、眠るほど面白くない作品でも、楽しい体験になる。
これは、新しいエンターテインメントである。

S・F・Z

眠らなかった素晴らしい芝居  「泡」 きたむらけんじ作・演出
3月11日東北大震災以降の、福島・小名浜のソープランドが舞台の人情喜劇。秀逸。

眠ってしまった芝居は、ひみつ。
内容は、殺人事件ものだったので、結果的に物語そのものを推理してしまってました(笑)
|2012.10.10 Wednesday by サルバトーレ・F・ザキヤマ| comments(0) | 戻る |
コメント









| /PAGES |
作品タイトル
選択内投稿一覧
| /PAGES |
最近のコメント
ライター
リンク
作品