サザンピーチΣ
サザンピーチΣ  あの南田操の新作小説をはじめ、新鋭精鋭の小説やエッセイ 
<富澤南桃堂(とみさわなんとうどう)発のWebマガジン>
『スタージャッジ〜エピローグ〜』 原案・長谷川裕一 /小説・富澤かおる
スタージャッジ〜エピローグ〜 7)
〈とにかく、まずは今日の主題を済ませましょう。マゼラン、こちらにいらっしゃい〉
マゼランがライプ博士のそばに行くと、ライプ博士がマゼランの額に何か装置を押し当てました。
〈少しだけ痛みます〉
マゼランが小さく頷くと、パチッというかすかな音がしました。博士が機械を離すと、マゼランが額に手をあてて俯きました。慌てて脇に行ってマゼランの顔を見上げました。
「大丈夫?」
〈ああ。なんともない〉
顔をあげたマゼランはそう言いましたが、まだ少し気になるようで額のあたりを撫でてました。

ライト博士とライプ博士が姿勢を正してマゼランを見つめました。マゼランもぴしっと身を起こします。ライト博士が厳かな声で言いました。
〈ビメイダー局製造番号BAU01035SJ0079。未接触惑星保護省管理IDスタージャッジ0079〉
〈はい〉
〈本日をもって君はすべての所有を解かれた。ビメイダー局生まれの自由人マゼランとして、宇宙連合市民としての全ての権利が保証される。君の今までの実績に保護省は満足と感謝を示しており、ビメイダー局も君の生みの親である私たちも君を誇りに思う。ありがとう〉
〈光栄です〉

ライプ博士がブレスレットをさし出しました。あたしがもらったのと似ています。
〈今、貴方の額から未接触惑星保護省の登録標識を消滅させました。修復プログラムからも除去しているので、再生や修復で標識が復活することはありません。今後認証が必要な場合はこちらを使って下さい〉
〈ありがとうございます〉
マゼランがそう言ってブレスレットを受け取り、ライプ博士が続けました。
〈貴方に対してはストリギーダ星から名誉市民権が送られていて、そのIDリングにはそれも追加されています〉
〈え?〉
〈あの美しさが故に、他星人による誘拐事件があとを絶たない星ですからね。貴方は今やあの星では有名人ですよ。一度休暇を取って行ってらっしゃい〉
マゼランが時々見せる照れたような笑みを浮かべました。
〈それは‥‥驚きました。‥‥嬉しいです〉


マゼランがブレスレットをはめるとあたし達はライプ博士に勧められるまま、博士達の向かいの長椅子に座りました。
〈お前の今回の変化は‥‥かなり劇的だった。我々の予想を遙かに超える事象が発生していたよ〉
ライト博士の言葉にマゼランが頷きました。
〈HCE10-9が無くなった時のことですね。ずっとそれが聞きたかった。まずなぜ僕はリプレースモードになれたんでしょう。かなりきわどい状態だったとはいえ明確な意識はあったのに〉

〈リプレースモードを司るリプレース・モジュールは、MCジェネレーターとその燃料になるフェムタイトと共にセル化されている。セルはロックされていて、主体の"死"を確認した時に初めて作動する。生死の判断は電子頭脳の中で主体の保全を行うモジュールからの信号の有無が使われていた。だがお前の保全モジュールは完全に焼き切れていたのだ〉
〈ああ、だから痛みを感じなくなったんですね。でも頭部に障害を発生させるような攻撃は受けてないと思うけどな。なんで壊れたんだろ。出撃前にオールチェックはしていったんですよ?〉

〈保全モジュールの破損は一昨日のオーバーホールで初めて判った。周囲のパーツは無傷だったから外的要因によるものとは考えにくい。マリスの磔から抜け出そうとした時、お前にはもちろんヨーコにもHCE10-9は残っていなかった。それを知ったお前は、自ら保全モジュールに過大な負担をかけて破壊し、リプレース・モジュールを稼働させた。これがその後の経緯に最も合致する〉

胸が苦しくなってきました。あたしを助けに来てくれたマゼランが槍で刺されて‥‥。痛みと寒さと息苦しさで朦朧となってきてて、細かい記憶が無いんです。でもマゼランが抜け出せたから、エネルギーが残ってたんだと思ってました。それが‥‥‥。

〈そんなこと、やったつもりは‥‥〉
〈意識してできるようなことかね。お前のバックアップにはヨーコの死の予測に対する激しい恐怖と凄まじいまでの力への執着が、想定を遥かに超えた感情信号として記録されていた。その過大な信号が保全モジュールをショートさせ、リプレース・モジュールに対して頭脳からの命令が送出できるようにしてしまったのだ〉

〈で、でも、ずっと活動できた理由は? ヴォイスはリプレース・バッテリーにそんな容量は無いって‥‥〉
〈その通り。驚嘆すべきはここからだ。MCジェネレーターは命ぜられるまま高出力を続け、あっという間にフェムタイトを使い切った。そして、今度は周囲のパーツを燃料にし始めたのだ〉
〈‥‥なんですって‥‥?〉

〈知っての通りビメイダーの頭脳は状況に応じてシナプスを形成しイレギュラーに対応する回路を構成する。リプレース・モジュールのセルが崩壊してエネルギーが身体に流出した頃には、お前の頭脳もまたその形でのエネルギー供給に対応した。頭脳は過激な出力を求め続け、ジェネレーターはお前自身の身体を食いつぶしながらそれに応じた。偶然か恣意的か、たまたま燃料となったのは戦闘には不要な有機物分解機構で、お前はよどみなく戦闘し続けることができた〉
〈‥‥そんな‥‥ばかな‥‥〉

〈確かにMCジェネレーターつまり質量エネルギー変換システムは未だリスク含みの機構だ。コンパクトでごく少量の燃料で安定して長い出力が保てるから、ダメ元同然のリプレースモードでの信号送信に使っていた。ただ稼働時には"ボディが死んでいる"ことが前提だったが故に、構成に脆弱さがあったのかもしれん。今ビメイダー局ではリプレース・モジュールの全面的な見直しが行われている。まずはオーバーホールに戻ってくる連中からだな。こんなことをやらかすスタージャッジもそうはいないと思うが、早く対応しておかないと危険でかなわん〉

〈‥‥すみません〉
〈いやお前が謝ることじゃないが本当に驚いた。ヨーコの救出を確信するにつれて、暴走は徐々に収まっていったようだが、最終的にはお前のボディの"胃"にあたる部分の全てと脚部へ循環系の半分近くが完全に消滅していた。目覚めたお前はあまり自覚をしてなかったようだがね。まさに驚異であり奇跡だよ。お前は文字通り自分の身を削って、ヨーコを助け、マリスを確保したのだ〉

‥‥そんな‥‥。
あの時のマゼラン、そんなことに‥‥。
血まみれで眠るように微笑んで、動かなかったマゼラン‥‥。

「陽子?」
マゼランがあたしの顔を覗き込んできて、あたしは慌てて涙を拭きました。
「‥‥ごめん‥‥。あの時のこと、思い出すと‥‥まだ‥‥だめなの‥‥」
ライト博士が手を上げて軽く頭を下げました。
〈これは申し訳ない。これぞビメイダーの精神力の顕現と思ったら、つい興奮してしまった〉
「いえ‥‥」

〈ヨーコのその想いの深さがこの子を覚醒させた。貴女と会えたからマゼランは自由人になった。我々は貴女にもとても感謝していますよ〉
ライプ博士がそう言って微笑んで、ライト博士も頷いてます。でも‥‥そうなのかなぁ‥‥。
「‥‥あの‥‥マゼランがあたしと会ったから変わったなんて、思えないんです。だってマゼラン、会った時からとっても優しくて、ずっと前からこういう人だったと思うんです。なんで最初っから自由人じゃダメだったんですか?」

〈‥‥僕は"前からこういう人"じゃ、なかったんだよ〉
マゼランが静かにそう言って、あたしは驚いてマゼランを見ました。
〈マリスにさらわれた君を探しながら出動の準備をしてた時、もう一人の僕にメッセージを残そうとして、それに気づいたんだ〉
「もう一人の僕って?」
〈色々あって、僕が生きてゲイザーに帰れる確率は低めだった。僕は半年ほど前にバックアップを取ってたから、もし死んだらその時の記憶を持った僕が製造されるはずだったんだ。バックアップって活動レベルをかなり落さないと取れないから、君を探しながら取り直すのが無理で‥‥。あの時は君と会った後にバックアップ取らないでいたことをすごく後悔した〉

「なんで取ってなかったの? ああ、あたしを見張ってなきゃいけなかったからね?」
〈いや別に見張る必要なかっただろ? そういうことじゃなくて‥‥嫌だったんだよ、僕の身体に残ってる君の感触と記憶情報がばらばらになるのが‥‥。それにバックアップとリストアって自然人とかけ離れたことだし‥‥。とにかくなんだか嫌だったんだ。うまく説明できないけど‥‥〉

〈そういうのを"意地"というんだよ、マゼラン。理屈は通らないのに、自分の感覚や感情に固執する状態だ〉
ライト博士がフォローを入れてくれます。
〈‥‥はあ‥‥。でも、これ、あんまりいいものではないのでは‥‥?〉
〈良い結果を生むこともあれば悪い結果を生むこともある。で、お前のその意地は悪い結果を生み、後悔して反省したお前は、この間はすぐにバックアップを送ってきたというわけだ。まったくこのゲンキンな不良息子は!〉
ライト博士が片眉をあげると、マゼランに1本指を向けてぐるぐる回しました。

〈‥‥す、済みません。でも、僕がビメイダーだと陽子にきちんと話して、受け入れてくれたからってのもあるんですよ? そうでなきゃ、そうあっさり‥‥。‥‥いや、やっぱりバックアップはあったほうがいいです、よね‥‥〉
マゼランったらカメみたいに首をすくめて言い訳してるので、あたしとライプライト博士はみんなで大笑いしちゃったのでした。


|2013.04.26 Friday by 富澤かおる| comments(0) | 戻る |
コメント









| /PAGES |
作品タイトル
選択内投稿一覧
| /PAGES |
最近のコメント
ライター
リンク
作品